ムダ毛のことが頭から離れない

ムダ毛処理の方法についてよく悩む時があります。
どういう状況で何のアイテムを使ったらいいのか、ムダ毛の濃い私はすぐに考え込んでしまい、結局シェーバーに落ち着くことが多いです。

私にとってのムダ毛処理は歯を磨くのと同じくらい日常的なものになっています。
毎日必死になりながらムダ毛と格闘し、結果思うように剃れなければ、人前に出た時に意識がムダ毛の方にばかり行ってしまって集中力を切らしてしまいます。

日常生活のことを考えると、ムダ毛というのは本当に厄介なものだと感じます。
ムダ毛処理に気を使い、ムダ毛のある肌に気を使い、私はどのようなことに楽しみを感じて人生を生きているのかわからない、とさえ思う時があります。

ムダ毛だけで大袈裟に考えすぎと母に言われることもありますが、ムダ毛は私とは切っても切れない縁。
今まで苦しめられてきたムダ毛をそう簡単に忘れることなんてできません。
できたとしたら、それはだいぶ年を取ってからのことになるでしょう。

とにかく今はムダ毛処理に全神経を使うのみ。
常にムダ毛のことを頭の中に入れておくのは大変ですが、自分の人生を少しでも楽しめるようにするため、毎日シェーバーを握りたいと思います。
>>ミュゼ 高松

PCを使って女性の脱毛にかかわるアンケートを拝見してみました。あるサイトから自己処理で半分近くがカミソリということでした。
予想外だと思ったのですが、よく考えたら自分も過去に何回も使っていました。

剃刀だったら自宅にありますし、ドラッグストアなどでも販売されいるので非常に便利です。
しかし実際のところ欠点もあり、剃ったときから次に出てくる毛は濃くなっていきます。

余談ですが40%弱の女性たちは、「医療系のクリニック」や「エステ」に行かれているようです。
医療クリニックの場合はレーザーを使った脱毛の「美容整形」の扱いになります。
こちら、大変強い熱の力を照射して処理をするやり方ですから、人により異なりますが不快な刺激を受けることもあるのではないでしょうか。

私の場合は脇脱毛で体験していますけど、箇所によってチクッとしました。
ですが脇をレーザーで脱毛する場合は、5分程で終わりますので、それほど負担にはなりません。

昨日カフェのカウンター席にいたら、偶然横に腰かけている女の人のひじ下に視線が向かい、ソデ口からのぞいているその女の子のヒジから下の美しさに心から感動してしまいました。
自分は幼い頃から体毛が濃いことに悩んでいて、ツルツルな両腕や両脚の女性を見るととてもあこがれちゃっていました。

ことに暑い時期がくるとむだ毛処理に困り、袖なしとかミニスカートを自身を持って履いてる人を見ると、どうやって無駄毛のお手入れを施しているのか聞いてみたくなるくらいでした。
結果的に、毎回暑い季節になるとむだ毛の始末に労力をかけ、そして寒い季節に突入して一安心ということを繰り返して長い年月を過ごし、色んなものをやってみたけど、まだこれならと思えるようなやり方は見つかっていません。

剃毛すると毛深くなるし、毛抜き処理をすると面倒な作業になるし、毛の穴が赤くなったりもしますし、なんやかやトライしましたが一番良いケア法は分かっていません。
おそらくわたしだけじゃなくって、ムダ毛が太く多い女の子の解決しにくい悩み事でしょう。

まったくもってこんなにも無駄毛がコンプレックスになるなら女性に生まれなければ良かったとも感じてしまうほどですが、最近は男でもむだ毛を始末している人もいるようなので、やはりこの苦悩からは当分逃れることが出来なそうです。